中華人民共和国のごちそう!!


首都北京の『ダッグ』
老舗はアヒルを腕前で食べさせてくれる。

アヒルの水カキ
清朝1864年創立。もとは王府井の店で鶏や鴨アヒルを売っていた。
いま観光客が行くのはほとんど前門の店だ。ダッグのフルコースでは水掻きが出る。
水掻きと笑うこと無かれ、実にコリコリとした触感に微妙な味が美味しい。
北京前門店: (86)10-63048992

首都北京の『火鍋しゃぶしゃぶ』
老舗「東来順」はやわらかい上質の羊肉を食べさせてくれる。


清朝1903年創立。満州族の特徴である羊肉料理を得意とした。
ここの羊は内モンゴル産のみ。内蒙古の牧草は豊かなので羊肉に臭みが無い。
内蒙古の羊の尾っぽはボッタリと広く短い。まるで手袋が被さった様な尻をしている。
北京電話: (86)10-64078827

陝西省西安の『ギョウザ』
西安市の老舗「徳発長」の蒸し餃子


中華民国1936年創立。創業当時は北京風味の餃子を営む。
時は蒋介石の西安事変時代の御用達ところ。百数種の蒸し餃子宴が完成された。
因みに蒋介石が住み、執事をしていた美しい「黄楼」はこの後ろあたり。
西安鐘楼広場前:(86)29-7214060


黒龍江省ハルビンの『餃子』
ハルビンの「東方餃子王」は今風のギョウザを食べさせてくれる。


老舗「老都一処」もあるが、一昨年度場所を移し、味も変わったのでこちらを推薦する。
改革開放中国の1996年創業。今や中国の飲食業界ショッテ立つ若き兄弟。
勢いは止まらず既に全国80店を持つ。海鮮、セロリ、山菜と体に良い餃子を提供する。
ハルビン中央大街本店: (86)-451-4684199


もっと餃子を見たい人 

<td align="center"><img src="jpg" hspace="10">ハルビンの正月風景<td nowrap>(2001)<br><br> <font color="blue">  <font color="dd0055" size="3"> 『新世紀を迎える』

 
黒龍江省のクレープ
東北田舎料理の「老昌春餅」は野菜クレープを食べさせてくれる。

中国の東北地方では春巻きをよく食べる。と言っても一種のクレープ。
「春になったら冬の毒素を吐きだす助けをしてくれる大地の恵みを取り込む」のだそうだ。
「春節」を過ぎると「雨水」が来る。大地は一気に春めく。タンポポ、セリ、アサツキ、ヒルノミ、、。
自家製の大豆味噌をつけて、高粱、トウモロコシ等の薄皮クレープで包んで食べる。
黒龍江省人民政府ビル斜め向かいにある。
ハルビン中心、聖ソフィア教会横にも一軒。






冬のハルビン点描へ   古都西安へ   トップページへ


ご意見・ご感想・お問い合わせは下記まで:
  ミズサポート
  有限会社 ミズ コーポレーション
    〒951-8047 新潟市南多門町2311 番地
      TEL:025-223-8988 FAX:025-223-8971
       E-mail : mzz@mzz.co.jp