世界へダッシュ!


この秋より上海からロス直行!
(2003年8月28日)    水田

  中国とアメリカがまた近くなった!

    
今年3月に中国の航空会社は大統合を実施した。そのあおりでただ今空路は調整中!
ただ今国内線各地へのフライトは機材調整のためか時間通りにはなかなか動かない。
24日の大連空港では6時間遅れの案内もあり、私の乗るべき便も遅れた。

上海に本社のある中国東方航空は、来月よりエアバス340を導入する。
上海−ロサンゼルス間を飛ぶためだ。また中国ーアメリカ間が接近する事になる。
9月より週4便、火、木、金、土曜日に就航する。
この情報はハルビンのメディアで知った。というのは東方航空の上海−ハルビン便が開通。
より便利に往来をさせることで、中国北方の人々にアメリカに飛んでも貰おうという思惑。
中国人民は物凄い速さで世界旅行へと観光貿易を展開している。

中国政府はかねてから国際空港の建設に力をいれ、世界から観光客を呼び込む計画だった。
ところが、予想外に中国人の海外旅行ブームが早くやってきた。
昨年末にはヨーロッパ数箇所への海外渡航解禁を断行、勢いは止まらない。
そして、先週末大連で見た中国の行政番組は「9月よりパスポート発行を自由化させる」という。
これまで、公安の手続きや地元外事弁公室の許認可があって初めてパスポートを手に入れた。
それが身元証明のIDカードで2日以内に発給するという。

本当なら日本より凄いではないか?
もっとも、街頭インタビューで市民は「信じられない!本当かどうか自分で確かめないと解らない」と
不思議な笑いを浮かべて言っていた。その笑いに込められた意味が余りにも多い事に気が付くが、
それを予想して理解できる自分もまた「古い」なと思った次第である。

ほっとひと息    以 前 へ   トップページへ


  ご意見・ご感想・お問い合わせは下記まで:
  ミズサポート
  有限会社 ミズ コーポレーション
    〒951-8047 新潟市南多門町2311番地
      TEL:025-223-8988 FAX:025-223-8971
       E-mail : mzz@mzz.co.jp