ハルビンの見どころ

<市内中心部>
ソフィア聖堂 *中央大街
石畳のメインストリートで、今も昔もハルビンのシンボル。
通りの両側はロシア風建築が多く、異国情緒たっぷり。
歩行者天国になっているので、買い物や散策をゆっくり
楽しむことができます。
休日には家族連れやカップルで賑わっています。

*ソフィア聖堂
ロシア人によって建てられた、ロシア正教会の聖堂です。
1997年に大規模な改修工事が行われ、公開されました。
同時に周囲も噴水や花壇などが整備され、ハルビン市民の
新しい憩いの場となっています。

*太陽島新潟友誼園
太陽島はハルビン市の北側を流れる松花江の中洲で、公園になっています。
新潟友誼園は新潟市とハルビン市の友好都市提携10周年を記念して作られました。
新潟市の白山公園を模して作られた園林や、ミニ万代橋などがあります。

*文廟(孔子廟)
1926年に創建された、中国で最も新しい文廟です。文廟は孔子を祀った建物のこと。
約6haの敷地内には正殿、東廂、西廂等の建物が並んでいます。

*極楽寺
ハルビンの仏教文化の中心的な寺院。
文廟の近くにあります。
以前、寺の周囲には仏像、仏具を販売する出店が
沢山出ていましたが、現在は整備されて広場に
なっています。


*氷祭り
毎年1月に開幕する雪と氷の祭典。松花江上の特設会場を中心に、市内各地で
氷の彫刻展や雪像コンテスト等、様々なイベントが行われます。
氷プールの漢中水泳

<ハルビン市郊外>
*731関東軍細菌部隊跡
関東軍731部隊が1936年〜1945年までの間、細菌兵器の開発を行った場所。
部隊本部やボイラー室跡等が残されている他、近くに建てられた「侵華日軍731部隊
罪証陳列館」で収集された関係資料が公開されています。

*ハルビン高新開発区
ハルビン市平房区に立地する開発区。改革開放政策の実施に従い、国内外の多くの
企業がここで生産活動を展開しています。経済のさらなる発展を目指して躍進する
ハルビンの新しい一面を覗くことができます。

太陽がきれいです。
空港から市内へと続く道。
四季折々の顔を見せてくれます。

  冬のハルビン     トップページに戻る

  このホームページで使用している写真、画像、文書等に関する著作権は、全て
  ミズコーポレーションに帰属します。無断で転載・使用することは固くお断りします。


 ご意見・ご感想をお寄せください:
  ミズ サポート    有限会社 ミズ コーポレーション
    〒951-8055 新潟市礎町通三の町2139番地 陸王レジデンス3階
      TEL:025-223-8988 FAX:025-223-8971
      E-mail : mzz@mzz.co.jp